So-net無料ブログ作成

2014年あけましておめでとうございます [その他]

あけましておめでとうございます[晴れ]
昨年は大変お世話になりました。2014年も引き続きよろしくお願い申し上げます。

2014年はロードバイクの世界ではディスクブレーキロード元年になると言われていますね。
昨今の電動化、軽量化ブームも落ち着いてきたところで、新しい時代への幕開けとなりそうです。


たかがブレーキがディスクになるだけでしょ?


と思いたいところですが、これが物凄い影響を各部に及ぼします。
まずブレーキを掛けると、リムブレーキの場合はフロントフォークとシートステイ各両側で力を受けとめますが、ディスクになると片側だけ(大体左側)で力を受けとめることになります。
ということはフロントフォークの先端部分と、リヤはエンド部分の剛性が必要になりますね。

現在のカーボンフレームは前後ともに柔らかくして『しならせる』ように設計しています。
ディスク化には今まで柔らかくしていた所を固くする必要がでてきます。
設計を一からやり直すくらい大きな変更なんですね。

そのほかにもホイールは専用設計の物が必要になりますし、油圧式のブレーキになればデュアルコントロールレバーも専用品になります。
ロードバイクのディスク化はフレームメーカーだけでなく、ホイールメーカーやコンポーネントメーカーまで対応を迫られる物凄く大きな変更なんですね。

しかしまだUCI(国際自転車競技連合)はディスクブレーキを認可していません

理由は・・・

・Higher speed
・Longer braking time
・Higher temperature accumulation
・Bigger disk which means bigger issue in case of crashes
・Braking behaviour that may block the wheel and make the bike slip
・Difference of braking performance between disk brakes and rim brakes that may cause crashes inside the peloton

要するに『実績のないディスクブレーキを簡単に認可できないよ、リムブレーキとディスクブレーキが混在すると危ないでしょ』ということらしい・・・

噂では2015年あたりには認可されるみたい?

UCIが認可すれば一気にスタンダードになるかな・・・2014年夏以降に出る各メーカーの2015年モデルに期待です。
専用設計のディスクロードが出てくるかもしれません。

今年もよろしくお願いします[晴れ]


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 0

コメント 2

カメレオン

明けましておめでとうございます。
2014年もよろしくお願いします。
新技術が年々投入されますが、消費税アップや円安の影響での値上げで、消費者には厳しい年の始まりでもありますね。
物欲を抑えつつ、ライドを楽しみたいと思います。
by カメレオン (2014-01-01 09:36) 

m2-1015

明けましておめでとうございます。
カメレオンさんは昨年大幅なアップデートをしてますから暫くは物欲も抑えられますよね。
私は体調のおかげで物欲が抑えられそうです。
by m2-1015 (2014-01-02 12:47) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。