So-net無料ブログ作成
検索選択

Ultegra Di2でも段数表示 ?インフォメーションディスプレイをつけてみた [用品]

ロードバイクで走っている時、今のギア数が分からなくなることありませんか?
・・・というか、皆さんは今何速で走っているか意識(認識)して走っているのだろうか?

基本インナーで走っている私は『シフトアップしないなぁ?』とスプロケみると既にトップギア(10s)だったり、『登りキツー[あせあせ(飛び散る汗)]』な時に、あと何枚残っているのか?と思ったり・・・
その時々の脚に掛かる負荷で判断している為、状態が変わると分からなくなります[爆弾]

さて『Alfine Di2』や『XTR Di2』には現在のギアポジションや電池の残量を示すインフォメーションディスプレイがあります。
しかし『Dura-Ace』や『Ultegra』の専用品は何故かないんですよねぇ・・・[眠い(睡眠)]
でも専用品がないだけでDura-AceやUltegraでも使えます。


『XTR Di2』のインフォメーションディスプレイ『SC-M9050』の特徴は

●一目でシステム情報を確認:バッテリーレベル、ギアポジション、シフトモード(シンクロ/マニュアル)、サスペンション設定
●新機能のシンクロ変速モードスイッチ
3モード(S1/S2/マニュアル)
シンクロ変速時にトーン告知機能
●精密なディレイラー調整
アクセスが容易な調整モード
調整位置を数値で表示
●ジャンクションA機能
バッテリー充電ポート(SM-BTR2使用時)
E-tube =3ポート
●メーカー希望小売価格(税抜):11,445円

・・・というもの[ぴかぴか(新しい)]
ROAD系には関係のない機能があり値段も少し高い
ところでこの『XTR Di2』ロード用のDi2よりも更に進化した変速システムを搭載しています。

その名も『シンクロシフト』

ロード用Di2は、フロントディレイラーやリヤメカを手の力で動かしていたのをモーターに置き換えただけでした。
ところが『XTR Di2』は右手のシフト操作だけでフロントとリアの変速を行えます。
具体的にはリアを操作するだけでフロントが自動的にアウターからインナーへ、インナーからアウターへと変速するというもの[ひらめき]
もちろん理想的なチェーンラインを維持しながら・・・
 
ん~面白そう[るんるん] 


次に『Alfine Di2』のインフォメーションディスプレイ『SC-S705』の特長は

●ギヤ段数表示
●バッテリー残量表示
●有機EL ディスプレイ
●内蔵バッテリーSM-BTR 2の充電用ポートを装備
●メーカー希望小売価格(税抜):10,047円

シマノ SHIMANO ALFINE SC-S705 ディスプレイユニット ISCS705

シマノ SHIMANO ALFINE SC-S705 ディスプレイユニット ISCS705

  • 出版社/メーカー: シマノ(SHIMANO)
  • メディア: その他


この程度の機能でさえ諭吉1人とは・・・
IMG_1945_R.JPG
届きましたょの図
IMG_1946_R.JPG
インフォメーションディスプレイ本体
IMG_1948_R.JPG
・・・と、その付属品
ケーブルタイとラバースペーサー
取付けはケーブルタイで止めるだけなので簡単[ひらめき]
IMG_1954_R.JPG
Garmin Edge500と並べて設置[るんるん]
と言うかここ以外付けられそうに無かった[たらーっ(汗)]
接続した後、バッテリーを一度外さないと表示しないみたいでした。
IMG_1957_R.JPG
Ultegra 6770 Di2なので10sまでです。
タイムラグなく段数が表示されます。

有機ELディスプレイが思いのほか明るく見易いですょ[ぴかぴか(新しい)] 
前回の『SM-PCE1』同様、『無くても問題ない、有れば便利』なグッズでした[グッド(上向き矢印)]

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL: