So-net無料ブログ作成

芦ノ湖トレーニング01 [Training]

9/1(日)
芦ノ湖へ行ってきました。
と、言っても観光ではなくヒルクライムのトレーニングです。
電動自転車ハリヤに頼り切っていた私。。。少し登りを頑張るとすぐ腰が痛くなる始末[あせあせ(飛び散る汗)]
今年から電動には頼らずに密かに鍛えておりました。
日々の通勤でどのくらい鍛えられたか・・・?

実はまともなヒルクライムは初めてなんですよね~。
あっ使用自転車はQuattro Di2号です。

07:30
出発!!
この時点ですでにかなり暑い[たらーっ(汗)]
熱中症に気をつけて行きます[ダッシュ(走り出すさま)]

08:00頃~LAWSON茅ヶ崎今宿店~
30分くらい走行してウォームアップは終了・・・というか、すでに若干オーバーヒート気味[たらーっ(汗)]
止まると汗が噴出します[あせあせ(飛び散る汗)]
さて、今回のヒルクライムはメチャ早の『みどりおじさん』と同伴です。

途中セブンイレブン小田原南町店で休憩。
ヒルクライムに備えます。

途中『大平台駅』で休憩
130901-1.JPG
高度の上昇につれ気温が下がるのがわかります。
でも暑いけど[あせあせ(飛び散る汗)]

そして黙々とこぎ続けた結果・・・箱根越えで定番の最高地点(874m)の写真を撮り忘れる始末[たらーっ(汗)]
いや撮り忘れるというか標識に気づかなかった・・・。
まだかな?まだかな?と思っているうちに芦ノ湖に着いちゃいました[あせあせ(飛び散る汗)]
130901-2.JPG
下界とは6℃位気温が低いので快適です。
食事は『魚料理 大正』
130901-3.JPG
芦ノ湖にある小さなお店です。
元魚屋さんっぽい店内で老夫婦が経営しているみたい。
私はイクラ丼をチョイス[ぴかぴか(新しい)]
130901-4.JPG
他にも海鮮丼とかネギトロ丼とか色々ありました。
ALL1,000円の簡単会計です。

ヒルクライム後は食欲無くなるかと思ったけど、そんなこともなくガッツリ、美味しかった~[るんるん]

下りは一気降り[ダッシュ(走り出すさま)]
途中車に追いつくまで気もち良いダウンヒルでした[ぴかぴか(新しい)]

帰りは追い風で平地も快適[ひらめき]

今回の結果はこちら

距離:113.53 km
タイム:4:57:00
平均スピード:22.9 km/h
高度上昇値:1,313 m
カロリー:2,829 C
最高速:
平均気温:
59.0 km/h
33.8 °C

最高速は箱根の下りですね。
100kmオーバー+ヒルクライム+酷暑の割には疲れも少ない感じでした。
補給がうまくいったかも・・・。

お疲れ様でした~[exclamation×2]


準備運動=ストレッチ? [Training]

準備運動ってやってますか?

私は筋肉や腱を伸ばしたまま止めるストレッチ(=静的ストレッチ)を行っていました。

運動前にまずストレッチする人、結構いると思います。(特に年配の人?)

でもこれ、不正解なんですよね[あせあせ(飛び散る汗)]

ストレッチは体が温まり筋肉が柔軟になった状態で行うもの

だからストレッチは運動中、運動後に行うものなんですね。

そう言えばストレッチは腱を伸ばすイメージがあるけど、違うんですよね。筋肉を伸ばしています。
腱はほとんど伸びません。よくあるアキレス腱を伸ばす動作、アレはふくらはぎの筋肉を伸ばしています。

また体が冷え固まった状態で行うとかえって筋肉や腱・靭帯などを痛めてしまう可能性があります。
さらにトレーニングや運動前に静的ストレッチだけ行うと逆に筋肉のパフォーマンスが落ちるとのこと。

本番前の選手が念入りにストレッチだけ行っている所なんて見た事無いですよね?

サッカーやマラソンの選手が軽くジャンプしたり小刻みに身体を動かしているのは、筋肉に刺激を与えて最高のパフォーマンスを出せるように行っているんですね(=動的ストレッチ)

では準備運動はどうやれば良いのか?
何気に『ラジオ体操』が一通り網羅されていて良いみたい。

侮るなかれラジオ体操。

そして実際に行う運動と同じ動作で筋肉や関節の可動域を広げて行くそうな。
まぁ自転車に乗る前に準備運動無しでも、低負荷、低ケイデンスでゆっくり身体を暖めて行けば問題ないということですね。軽くやるなら上半身中心が良いかと。

さて、信じる信じないはあなた次第です。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。