So-net無料ブログ作成
検索選択
その他 ブログトップ
前の2件 | -

2014年あけましておめでとうございます [その他]

あけましておめでとうございます[晴れ]
昨年は大変お世話になりました。2014年も引き続きよろしくお願い申し上げます。

2014年はロードバイクの世界ではディスクブレーキロード元年になると言われていますね。
昨今の電動化、軽量化ブームも落ち着いてきたところで、新しい時代への幕開けとなりそうです。


たかがブレーキがディスクになるだけでしょ?


と思いたいところですが、これが物凄い影響を各部に及ぼします。
まずブレーキを掛けると、リムブレーキの場合はフロントフォークとシートステイ各両側で力を受けとめますが、ディスクになると片側だけ(大体左側)で力を受けとめることになります。
ということはフロントフォークの先端部分と、リヤはエンド部分の剛性が必要になりますね。

現在のカーボンフレームは前後ともに柔らかくして『しならせる』ように設計しています。
ディスク化には今まで柔らかくしていた所を固くする必要がでてきます。
設計を一からやり直すくらい大きな変更なんですね。

そのほかにもホイールは専用設計の物が必要になりますし、油圧式のブレーキになればデュアルコントロールレバーも専用品になります。
ロードバイクのディスク化はフレームメーカーだけでなく、ホイールメーカーやコンポーネントメーカーまで対応を迫られる物凄く大きな変更なんですね。

しかしまだUCI(国際自転車競技連合)はディスクブレーキを認可していません

理由は・・・

・Higher speed
・Longer braking time
・Higher temperature accumulation
・Bigger disk which means bigger issue in case of crashes
・Braking behaviour that may block the wheel and make the bike slip
・Difference of braking performance between disk brakes and rim brakes that may cause crashes inside the peloton

要するに『実績のないディスクブレーキを簡単に認可できないよ、リムブレーキとディスクブレーキが混在すると危ないでしょ』ということらしい・・・

噂では2015年あたりには認可されるみたい?

UCIが認可すれば一気にスタンダードになるかな・・・2014年夏以降に出る各メーカーの2015年モデルに期待です。
専用設計のディスクロードが出てくるかもしれません。

今年もよろしくお願いします[晴れ]


改正道路交通法 [その他]

さて、自転車に関わる法律の変更がありましたね。
本日2013年12月1日から新しい道路交通法が施行されます。

遡ること半年・・・

2013年6月7日に衆議院で 『改正道交法案』 が可決され、同14日に公布されました。
※公布・・・成立した法律を一般に周知させる目的で、国民が知ることのできる状態に置くこと

自転車に関わる主な内容は 『路側帯通行に関する部分』 ですね。
自転車の路側帯通行に関する部分の施行については 『公布の日から起算して六ヶ月を超えない範囲内において政令で定める日から施行することとする』 となっていたため、約半年後の12月から新しい法律が施行される運びとなりました。

ここで再確認[exclamation] 
 『路側帯』
道路交通法第2条
歩行者の通行の用に供し、又は車道の効用を保つため、歩道の設けられていない道路又は道路の歩道の設けられていない側の路端寄りに設けられた帯状の道路の部分で、道路標示によつて区画されたもの

『歩道』
歩行者の通行の用に供するため縁石線又はさくその他これに類する工作物によつて区画された道路の部分

言葉にするとなんか難しいですね。

ところで自動車(2輪)免許を持っていない人が路側帯を知っているのだろうか?
誰でも乗れる自転車、免許制にする話もあるけど、乗る乗らないに関わらず義務教育のカリキュラムの中で 『普通自動車の学科』 はやったほうが良いと思う・・・。

路側帯の通行をイラストで確認します。

路側帯

駐停車禁止路側帯

歩行者用路側帯
※自転車は通行できません。 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
これから逆走自転車が減るといいけど・・・。

あと 『自転車の検査等に関する規定の整備』 も追加されましたね。

内容は・・・
警察官は、制動装置不良自転車と認められる自転車が運転されているときは、当該自転車を停止させ、当該自転車の制動装置について検査することができる。
警察官の停止に従わなかったり、検査を拒み、妨げた場合には、5万円以下の罰金。
(法第63条の10第1項及び第120条第1項第8号の3)

また、検査の結果、必要に応じて道路における危険を防止し、その他交通の安全を図るため必要な応急の措置をとることを命じ、必要な整備をすることができないと認められる場合は、当該自転車の運転を継続してはならない旨を命ずることができる。
これらの命令に従わない場合も、5万円以下の罰金。
(法第63条の10第2項及び第120条第1項第8号の4)

路上で止められたら素直に従わなくてはなりません。
前後にブレーキが付いていない自転車も完全にアウトですね[爆弾]
なんとなく警察官の権限が、かなり強くなったような気がするけど・・・[たらーっ(汗)]
 
暫くは見せしめの為にバンバン捕まるのかな・・・。

 
その他の大きな改正は自動車の無免許についてですね。
厳罰化です。
無免許の人に車を貸しても、無免許の人が運転する車に乗っても厳罰が待っています・・・[爆弾] 

前の2件 | - その他 ブログトップ